外国人労働者が働く職場でのトラブル

ゴルフに行くときの服装のマナーと一般常識

ゴルフにはたくさんのマナーや一般常識が存在しています。

例えばクラブハウスを訪れるときには、ジャケットの着用が一般的です。紳士のスポーツと呼ばれているため、あまりラフすぎる格好は好まれません。ジーパンやジャージなどはマナー違反とされますし、襟のないシャツなども一般常識としては良くないです。あまりゴルフに親しみのない人からすると、堅苦しいイメージや面倒くさいと見る向きも多いのは理解ができます。しかし、ゴルファーみんなが統一した考え方や一般常識を持つことで、ゴルフ場すべてに連帯感が生まれるのも事実です。

プレイをする時にもある程度のドレスコードが求められます。短パンを穿くのもオーケーですが、運動しやすいからという理由でジャージなどを着用してラウンドするのはマナー違反です。暑い季節にはポロシャツなどの襟付きのシャツを着て回ります。近年ではTシャツなどで来ているお客を見かけることもありますが、基本的にはあまり良いことではありません。

そこを許してしまうとエスカレートが進む一方で、美しい伝統や文化が継承されなくなってしまう懸念があります。寒いときにはセーターやウィンドブレーカー等を着てプレイすればしのぐことができますが、薄着になりがちな季節は特に注意が必要です。最近では汗を吸収してすぐに乾かすような素材の開発が進んでいて、夏にも快適に過ごしやすくなりました。快適に過ごせる素材を積極的に導入したり、飲み物やタオルに工夫をすることでマナーを守りつつ楽しくプレイすることは可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *