外国人労働者が働く職場でのトラブル

ラウンド時の一般常識とマナー

ゴルフには沢山のマナーと一般常識が存在しています。

プレイしない人にはわからないようなことも多いため、初心者は特に注意が必要で、優しく教えてくれる人と一緒に回ると良いです。例えば誰かが打とうとしている体制に入ったら、喋ることはもちろん、物音を立てないように注意しなければいけません。静かに見守る位置にも注意が必要で、視界に入る目の前に立っていたり、飛球線上に立つのも一般常識から外れてしまいます。

誰かが良いショットを放ったときには、ナイスショットの掛け声も忘れてはいけません。気持ちよくみんなでラウンドをするのがマナーです。球がラフや山の中に入った時などは、出来る限り一緒に探してあげると喜ばれます。1人で回っているわけではなく、3人ないし4人でラウンドをすることが多くなるため、同伴競技者に対する一般常識は重んじられるスポーツです。グリーンの上に球が乗った時にも注意事項がたくさんあります。まず、球とカップを結んだ延長線上を踏むのはマナー違反です。

どうしても通らなければならない場合は、断った上でまたぐように歩を進めます。誰かがアドレスに入ってからはもちろん声や物音を立ててはいけません。パーやバーディーを獲ったときには、ナイスパーなどと声をかけるのも良いマナーです。そのためには、自分のスコアだけではなく同伴競技者の打数も何気なく数えていなければならないので、慣れないうちは忙しいと感じることも多くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *