外国人労働者が働く職場でのトラブル

一般常識に基づくマナー、距離感

一般常識に基づくマナーはビジネスやプライベートなどあらゆる面で多々ありますが、「親しき仲にも礼儀あり」ということわざがあるように友人や知人であっても距離感を図る事が求められます。

もてなすためのレストランでの立ち振る舞いや冠婚葬祭といった特別なイベントだけでなく、日頃から求められる礼儀は当たり前すぎて誰も教えてくれないのが一般的です。当然だからこそ難しい、そんな一般常識に基づくマナーの1つである距離感の上手な取り方はまず社会的な目標を設けるところから始まります。社会的な目標とは学生なら進路もしくは進学のための勉強を、社会人であれば仕事を集中していく事です。

学校と職場では環境が根本的に異なるものの、そこで任せられている役割を果たす事は同じ空間にいる人間に対して誠意をもって接している証となります。勿論それぞれの環境における人間関係によってはその役割を放棄したくなるかもしれませんが、そういった悩みを抱えている場合は自分の考えを持つ事です。自分なりの考えを持って行動すれば自己主張が強い人の理屈を跳ね返し、自分を大切に出来る可能性があります。

出来れば相手の考えを理解したうえで、自分の考えを主張する事が理想的です。子供でも大人でもグループを形成したがるものですが、「団結力を維持するためとはいえ、自分は今リフレッシュのために時間を費やしたい」と主張しても本来であれば構わないものの、図星を指されて激怒する人間は多々います。そうした人間とのバランス、もとい距離感を考えて図るのが距離感における一般常識に基づくマナーです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *