外国人労働者が働く職場でのトラブル

一般常識マナー、退職者に贈る言葉

年度末になれば職場から離れる事になった上司や先輩へ「お疲れ様」という意味も込めて、送別会が開かれます。

たとえ送別会がなかったとしてもお世話になった人が退職したら、メールや手紙、あるいは電話でその事に触れるわけですが、そこでも実は一般常識マナーがあるので要注意です。注意しなければならない退職者に贈る言葉における一般常識マナーはまず、相手の立場を考えたうえで激励する事に尽きます。例えば「退職おめでとうございます」や「お疲れさまでした、これからはゆっくり過ごしてください」はあまり歓迎されていないです。

現在、退職者に成り得る年齢は60代から70代が目安になっているものの、技術の進歩のおかげで平均寿命は伸びているので60代であっても社会で貢献する年齢に捉えられています。付け加えるならこの年代は第二の人生、もとい新しい生活に意欲を強めている人もいれば取り組まなくてはならない就職活動や介護など問題を抱えている人もいるため、先述した言葉は気休めに受け止められて不快な印象を与える可能性が高いです。

退職者である以上、目上の人を不快にさせるのは一般常識マナーに反するので激励をメインにするのが基本となります。あとはネガティブな言葉や言い回し、「死」や「折れる」など不吉な言葉を用いるのはタブーです。お世話になった事への感謝や感謝を感じたエピソードといった具体例を交えながら、最後に「応援しています」と締めくくれば完璧と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *