外国人労働者が働く職場でのトラブル

新人向けビジネスマナーの講習で必要なこと

新入社員向けの研修の一環として、ビジネスマナーの講習を行う場合は多いです。

新入社員に具体的に伝わりやすいマナーを教えることが必要となりますが、どんな部分に気を付けて教えたらいいのか、頭を抱える上司は少なくありません。最も大切なことは、なぜそれを行わなければならないのか、本質を理解させることです。本質が理解できなければマナーは役に立ちません。やり方だけを覚えていても、本質的な部分が理解できていなければ、相手に失礼となってしまうことも多いです。そのため、ビジネスシーンにおいて相手を思いやる気持ちとして行うことが、ビジネスマナーの本質であることを理解させましょう。単なるルールではなく、人同士が接するにあたり最も適切な思いやりの示し方であることを理解してもらうことが必要です。

本質の部分を理解してもらってから、どのような形であれば失礼とならないのか、相手に思いやりを示せるのかを伝えてください。本質が理解できていれば、ビジネスマナーの形式が単なるルールではなく、相手への経緯や思いやりを示せる方法であると理解できるはずです。講習で形を教えたら、身に着けてもらうためにシミュレーションを繰り返しましょう。シチュエーションごとに形を変えなければならないことなど、複数のシーンでの使い方を学ばせることで、ビジネスシーンに役立手られるようになります。シミュレーションを繰り返し、無意識のうちに出てくるようになるまで繰り返すことが、講習を有意義なものにさせるポイントです。
ビジネスマナー講習のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *