外国人労働者が働く職場でのトラブル

新入社員は受けておきたいビジネスマナー講習

新年度を迎えると、多くの新入社員が活動を始める時期になります。

仕事に対する知識や経験が少ない人たちが、まず体験することになるのはビジネスマナーの講習です。ビジネスマナーは仕事を遂行するうえで欠かせない基礎的な知識なので、おろそかにはできません。講習の進めかたは、企業によって大きく異なります。新入社員の人数に合わせて、効果的なレクチャーの方法が変わるのは自然なことです。よくあるのは、ベテラン社員が講師になってレクチャーを進める方法です。

経験豊富な人間が指導し会場も社屋内に設定することで、効果的にマナーを教えられるというねらいがあります。中小企業の多くではこのようなやりかたで社員を教育しています。大企業の場合は、少し様子が異なるのが一般的です。新入社員がかなり多い傾向にあるため、講習を行うだけでも広い部屋が必要になります。そのため、外部から専門の講師を招いて、会場もホテルなどを借りてビジネスマナーの講義を行うことはめずらしくありません。

対象者がたくさんいるときは、このような方法を選択するのが合理的といえます。インターネットを活用した、新たな方法もあります。それはインターネット経由で動画を見たり、ビデオ通話を使ったりしてマナーを学ぶ方法です。これならインターネットの接続環境があれば講習を受けられるため、対象者をひとつの会場に集める必要がありません。これらの方法でビジネスマナーを身につければ、社員としての生活がスムーズになるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *