外国人労働者が働く職場でのトラブル

日本式のビジネスマナーで外国人に研修を

労働者不足の現代では、海外からの労働者の受け入れも進みつつあり、それに伴い外国人に対してビジネスマナー研修をすることも多くなっています。

外国人のビジネスマナー研修で一番大切なのは、日本の常識を徹底的に教えることですから、分かりやすく異文化から来た人でも素直に覚えてもらえるような内容を考えていくことが肝心です。目上の人には敬語を使うというのはもちろんのこと、それ相応の立ち振舞が出来るようになるためにも、初歩的な内容から教えていくことにして、ゆっくりと丁寧に指導していくことが大切です。

間違っても他人の前で叱りつけてしまったり、スパルタにならないように心がけましょう。初めて日本で働く人たちに指導をするときには、まず最初に日本の文化背景などを教えてから外国人のビジネスマナー研修をすすめることで、記憶の定着も素早くなります。バックボーンの文化を理解してもらえれば、日本に住んでいる人はどういうい人なのかもわかってもらえますから、あえて文化的なことを重点的に指導していくのも悪くはありません。

外国人のビジネスマナー研修では業種によって違いがありますので、サービス業の場合にはお客さんに対してのおもてなしをきっちりと教えるように心がけ、それ以外の業種でもビジネスの作法などを一から指導していくようにしましょう。叱らずに丁寧に外国人のビジネスマナー研修を続けることで、より確実にマナーや文化などを覚えてもらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *