外国人労働者が働く職場でのトラブル

外国人のためのビジネスマナー研修は必要か

少子化や高齢化による労働力不足に悩まされている企業にとって、2019年に外国人の滞在許可に14の特殊技能が追加されたことは朗報といえます。

グローバル化が進む現代で、外国人を採用する日本企業も年々増加しています。違う言語、文化、習慣の人々と一緒に働くために、いくつか越えなければならないハードルもあります。日本で働き始めた人たちには、言葉ではなく、文化や習慣の違いに戸惑い、自分の能力十分に発揮できないと感じている人も多くいます。最初のうちに基本的なビジネスマナーをセミナーや研修などを通じて理解してもらうことは、その後の生活でよりよい人間関係を築き、円滑に仕事をしてもらうためにも大変有効です。

日本では当たり前でも、外国ではそうではないことはたくさんあります。あいさつの言葉、日本独特のお辞儀など覚えてもらうことは、第一印象のよさにもつながり、さらには企業のイメージアップにもつながります。名刺の受け渡しも知っておいたほうがいい、日本独特のビジネスマナーのひとつといえるでしょう。

時間やルールに対しての感覚の違いや、電話の受け答えなど実践的なことも研修では教えられるでしょう。ビジネスマナーを覚えて実践することはもちろん、その行為の背景にある日本的な考え方や思考を理解してもらうことがより大切かもしれません。外国人を雇用するにあたりセミナーや研修は受け入させることで、企業側にも大きなメリットがあるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *