外国人労働者が働く職場でのトラブル

外国人のビジネスマナー研修で得られるもの

グローバル社会となり、多くの職場で日本国籍以外の人が働くことがめずらしくなくなりました。

日本で生まれ育ったのではない方々が日本の職場でスムーズに働くためには、日本人的な考え方で教えると壁を作る原因となる場合があります。その点でよく活用されているのが、外国人を対象としたビジネスマナー研修です。このカリキュラムは、日本での慣習などを身に着けたいと考える外国籍の方や帰国子女、すでに日本で働いているものの違和感をぬぐい切れない方や自信を無くしている方などにも有用なものとなっています。

たいていのコースは、わかりやすい日本語を用いて行われるので、日常会話レベルの日本語をマスターしている人であれば理解できる内容となっています。外国人向けのビジネスマナー研修では、日本で働くのに役立つ基礎的な情報やマナーを勉強でき、ゆくゆくは会社組織のグローバル化を図れる人材となるように教育することができます。

その目標に向かうために、まずは文化の違いを理解してもらうように助け、日本でのコミュニケーションの方法を伝授して、現場に出て経験するであろう不安や心の壁などをあらかじめ取り除けるように工夫しています。よくあるシチュエーションを引き合いに出して、知っておきたいフレーズを身に着けたり、お互いを尊重できるような対処方法を考える機会ともなります。効果的な外国人向けのビジネスマナー研修は、職場で起きやすいトラブルを未然に防ぎ、有用な人材となってもらうのに大切な役割を果たしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *