外国人労働者が働く職場でのトラブル

外国人実習生に適しているビジネスマナー研修の概要

2015年から日本では外国人技能実習生の受け入れに対して、大幅な規制緩和がなされました。

これは国内の医療・生産・IT業界の人材不足を補うために外国からの就労者を採用しており、2020年3月時点で25か国・計210万人もの外国人技能実習生が各現場で活躍されています。一般的な社会人として外国人を受け入れる際、円滑な就労を支援するために企業側ではビジネスマナー研修を実施しなくてはいけません。ビジネスマナーには決まった形式がなく、国や文化によって大きく異なるのが特徴です。

例えばアメリカであれば初対面の相手とは握手から始まり、宗教や政治の話をするのはタブーとされます。日本だと名刺交換から始まり、ビジネスマナーとして服装や髪型・話し方など細かい留意点に着目する必要があります。ビジネスマナー研修をおこなう際、各企業独自の研修方法の他に研修教育を専門におこなっている教育機関の力を借りる方法もあります。この教育機関は外国人実習生を対象としているところもあり、講師は英語・中国語など外国語に精通されている方が担当するのが特徴です。

外国人実習生に適しているビジネスマナー研修の概要としては、名刺の渡し方・敬語を用いた会話・時候の挨拶などが挙げられます。どれも日本のビジネスシーン特有のマナーとなっており、異文化の中で生活をしてきた方々にとっては1から学ぶべきこととなります。これらを具体的に教えるには、プロの教育者の力が必要不可欠といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *