外国人労働者が働く職場でのトラブル

外国人社員にはビジネスマナー研修が必要なのか

労働人口の減少が続く日本では、多かれ少なかれ外国人の力を借りて経済を回していく必要があります。

あなたの会社でも今後、外国人を従業員として迎え入れようとする動きが起こるかもしれません。でも実際にそういった人を雇うとなると、気がかりになることはいろいろあります。他の日本人従業員と馴染めるかどうかとか、ちゃんとした戦力として育つかどうかなど不安な点も多いはずです。その一つに日本のビジネスマナーを習得しているかという点があります。

ビジネスマナーは国によって異なるため、外国人従業員には一から教えなくてはならないと考えている方も多いかもしれませんが、一概にそうとは言い切れません。アルバイトなどの非正規雇用となると話は別ですが、日本の企業で正社員として働くことを目指している外国人は、それ相応のマナー研修を受けて採用に臨んでいることが多いからです。日本で働くことを目標とする専門学校などでは、日本のビジネスマナーや常識をしっかりと教えています。

ですから、日本人でないからと言って特別ビジネスマナーが疎かになっている、ということはないのです。しかしながら、新卒で雇った日本人社員にも入社後新たにマナー研修が必要なように、マナーを身につけた外国人社員だからといって、その後何の研修もせずに即戦力になる、という訳ではありません。でも日本人ではないからといって、ビジネスマナーが身についていないと判断するのはいささか早計ではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *