外国人労働者が働く職場でのトラブル

外国人向けのビジネスマナー研修

最近では企業が国際競争力を高めるために人材のダイバーシティ対応を進めていて、外国人の留学生を採用するケースも増えてきています。

留学生は非常に勉強熱心で優秀な人が多く、日本人とは異なる切り口や視点で物事を考えられることは企業にとって大きな強みとなります。しかし外国人は生まれ育ってきた国の文化が日本と異なるのは当然で、日本の企業で日本人を相手に働く場合にはビジネスマナー研修によってルールやマナーをしっかりと学び身に付けていく必要があります。

また当然のことながら、日本人のビジネスマンも、外国人の取引先と商談を行なったり同じチームで働いたりする機会が増えます。そうした際に感覚的に相手に合わせていけるようなビジネスマナーを、日本人向けに行うことも必要になるでしょう。日本特有の文化として、お辞儀など丁寧な行儀作法があります。ビジネスマナーに限ったことではありませんが、友人同士であればカジュアルなコミュニケーションが許された場合にも、取引先となれば正しい礼儀作法を知らないといくら優秀であっても不利になってしまいます。

研修ではどのような点に気をつけないといけないかポイントをしっかりと座学に詰め込み学ぶだけでなく、それを身体に覚え込ませるためにはロールプレイングやゲーム形式で実践を交えたような研修方式も効果的でしょう。ただし、研修で出来ることはどうしても限られています。実務での実践を通して先輩が教えることも必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *