外国人労働者が働く職場でのトラブル

外国人を採用したらビジネスマナー研修を!

今や大都市でなくても、外国人の姿を見掛けることは日常的なこととなりました。

中には観光目的で日本に来たのではなく、日本に長く滞在して働きたいという人もたくさんいます。そして、日本の企業側でも外国人の力を借りて、業務の拡大を考えているのが現状です。そこで多くの企業が外国人労働者を採用していますが、入社後にトラブルになるケースとして挙げられていることのひとつにメンタリティーの違いというのがあります。言葉の違いは言うまでもなく、生まれ育った文化が異なるので、考え方が違うのは当たり前のことかもしれません。

従って即戦力として外国人労働者を起用することを考えるのならば、ビジネスマナーの研修は必要不可欠になります。ビジネスマナー研修が事前にきちんと出来ていれば、日本人の同僚や顧客対応においてたとえ文化が異なっていようとも戸惑うことはないはずです。外国人労働者を雇用するに当たっては、日本語能力というのは採用を左右する重要なポイントではありますが、あまりそのことばかりに重点を置き過ぎると採用後に思っていた人物と違っていた、などということになりかねません。

それよりも人物重視で採用すれば、ビジネスマナー研修をしっかり行うことによって十分に戦力として期待出来るようになるでしょう。言語能力というのは、必要な環境に身をおけば実用的なことから学ぶことも可能です。ですから、それよりも異国のビジネスマナーを受け入れる柔軟性を持っているような人物を採用し、しっかりと学ぶ準備が出来る視野の広い人物を見極めることが日本企業にとっては大切なのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *