外国人労働者が働く職場でのトラブル

外国人を採用するには

この10年で、日本の労働人口は年々減少傾向にあります。

各企業は人手不足により、人材確保は難しい状況にあります。そんな中、人材不足カバーや優秀な人材確保の為、外国人の採用が増えてきております。外国人を採用する事で、優秀な戦力となり、企業にとってもたくさんのメリットをもたらしています。労働意欲が高く、なかなか出せないユニークな発想やアイディアが他の社員の活力となり、社内全体で良い影響力があります。

新鮮な意見を取り入れる事が可能になり、企業にとって新しいチャンスの挑戦へと繋がります。また、海外進出を考えている企業であれば、その国出身の外国人労働者を採用することにより、情報収集やマーケティングにとっても役立つ即戦力となります。しかし、受け入れる会社側の体制をしっかり整えておく必要があります。日本語をしっかり話せたとしても、文化や言語の違う国で働くのはとっても大変な事です。

コミュニケーションの取り方も違いますし、日本ならではの独特のマナーや規定に従わなければなりません。外国人労働者の育成をスムーズに行える様な体制を整え、定期的に面談するなどフォローアップが人材維持にはとても重要です。言語だけの問題ではなく、文化の違いから日本人にとっては当たり前の事であっても外国人には理解し難い内容も多々あります。マニュアルを用意するだけではなく、どうしてその業務を遂行しなければならないのか、しっかりと理由を説明する事が改善へと繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *