外国人労働者が働く職場でのトラブル

外国人を採用する際の注意点

外国人を採用する場合に日本人とは異なると意識して、注意しなければいけないポイントがいくつかあります。

まず仕事に対する価値観です。少しずつ変わってきてはいますが、日本人は就職先で長く続けようと思う人が多いのですが、外国人の場合は良い待遇が出てくれば、すぐに別の会社へ移ってしまいます。仲間意識がないわけではありませんが、腰が軽いということを常に頭の片隅においてチーム編成を考えなければなりません。次に外国人と日本人とでは、家族に対しての時間の使い方に違いがあることを知っておく必要があります。

日本人、特に男性は職場で長い時間働き、チームへの貢献を少しでも多くしようと考えますが、彼らはチーム同様もしくはそれ以上に、家族に対しても日々サービスすることを心がけます。日々必要なアウトプットを出せば、あとは家庭でアウトプットを出すことを考えるのです。チームのメンバー間で動き方に違いが出てくることを採用時には認識しておいて、メンバーには予め伝えておけばチームで不和が生じることを防ぐことができます。

最後に当たり前のようで忘れがちなのが、彼らを活かせるかどうかは採用する側にかかっているということです。両者の間に言葉の壁はありますが、コミュニケーションを改善することについて、チームで不断の努力を続けることが彼らのパフォーマンスおよびモチベーションの向上につながります。決して同じレベルまでにはできませんが、常に向上させ進歩し続けることが外国人の満足にもつながり、長く業績に貢献してくれることに繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *