外国人労働者が働く職場でのトラブル

外国人労働者を採用する起業が新型コロナでピンチ

新型コロナウイルスにより、様々な問題が噴出しています。

その中の一つに外国人労働者が激減してしまったという問題があります。外国人労働者を斡旋している派遣会社では、人を集めることができずに相当困っている様子ですし、技能実習生という名目で外国人労働者に働いてもらっていた様々な業種も、採用可能な外国人実習生がいなくなってしまったので、労働力不足に陥ってしまったところも少なくないようです。新型コロナウイルスの問題が起こるまでは海外からの観光客が急増し、観光地はもちろん、地方にもたくさんの海外観光客が溢れていました。

それと共に外国語を話すことができる人材が必要となり、ホテルやコンビニなど、多くの場所で様々な国の人たちが採用され、流暢に日本語を話しながら働いているのを見かけるようになっていました。それが新型コロナウイルスのために激減してしまったわけです。この問題が落ち着けば、また戻ってくることが考えられますが、しばらくは辛抱しなければならないでしょう。

それまでの体力が各起業にあるかどうかが問われます。ところで、このような外国人労働者を採用しなければやっていけない多く起業の背景には、日本人の労働者不足があります。少子化により引退していく数よりも入社する人の数のほうが少ないとか、3Kの仕事を日本人は嫌がるとか、観光客が多くやってくる国の文化や言葉を話せる人材が必要など様々な理由があるでしょう。グローバル化によってもたらされた変化は、受け入れていくしかありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *