外国人労働者が働く職場でのトラブル

日本での外国人採用に必要なこと

昨今、日本で働く外国人が多くなっています。

日本で外国人が働くことには採用する企業側にも外国人労働者側にもメリットはあります。まずは採用企業側のメリットについてです。企業側のメリットとしては労働力の確保が出来る、若くて優秀な人材を確保することが出来る、日本人にはない発想による活性化が得られる、安い賃金で雇用出来ると言うことが挙げられます。次に外国人労働者側のメリットについては、「健康保険などの制度がしっかりとしている」「安定した雇用が期待出来る」「働きながら日本語を学ぶことが出来る」点があります。

採用・雇用企業側にも労働者側にもメリットはありますが、課題もあります。一つはコミュニケーションの問題です。会社によっては英語を使用する場合もあるとは思いますが、社員同士やお客さんとの主なコミュニケーションとして使用する言語は日本語になる為、ある程度の日本語の読み書き話すことが出来ないとコミュニケーションを取ることが困難であり業務にも支障をきたすことになります。

二つ目は文化や風習の違いです。労働者側が日本の文化や風習を事前に学んでおくことも大事ですが、企業側も採用する人の国の文化や風習を知っておく必要があります。お互いの文化や風習の違いが原因でトラブルになるケースは少なくないはずです。このように外国人労働者を採用・雇用するにはメリットもあり、課題点もあるのでメリットを活かしつつ、お互いが理解し合って課題を克服して働いていくことが必要であり、今後の日本にも重要となっていくことだと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *