外国人労働者が働く職場でのトラブル

外国人採用に当たる条件

今日本では高齢化が進み、少子化の減少が目立ています。

このような中では、企業などの会社に労働力が欠けてきます。ではその必要とする労働力をどうすれば、補うのでしょうか。考えて行きたいのは労働力を導入することです。例えば、日本の高齢化の進む中で、年寄りたちは自力で生活もできない状態の中では、必ず誰かが面倒みてあげることになりますが、働く若い人たちが少ない上、日本人の若い人たちは介護などの大変な仕事には関わりたがらないのが現実です。では、介護の仕事は誰がやってくれるでしょうか。

そこで外国人を採用すれば、介護にあたる労働力の問題は解決できるわけです。しかし外国人を採用することによって、言葉の壁の問題が出てくるに違いありません。患者さんと交流するには、日本語を話せないとコミュニケーションが取れないばかりか、介護その仕事を担うことができないからです。外国人を採用するにあたり、日本語勉強する環境を提供する必要があると感じています。

そして、給料も日本人より安くするのではなく、日本人と同じく平等に与えることです。要するに能力に応じて、賞与や手当をあげることによって、人のやる気を起こします。人間は国や言葉が違っても気持ちや感情は同じですので、一番敏感な給料面での工夫をしておけば、自分に置かれた環境に愛着が湧き、この仕事に尽くす気持ちも強くなってきます。このような金銭面での工夫を考えながら、安心させる環境も工夫していけば、働く外国人が殺到してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *