外国人労働者が働く職場でのトラブル

外国人の採用でしっておきたいこと

ますます多くの外国人が日本で働いています。

単純作業から医療業界へと幅広い分野で活躍が見られています。雇用者としては採用段階においてどのような点に注意が必要でしょうか。基本的なことは日本人を雇う場合と変わりません。どこの出身であっても正直で信頼できる人を雇いたいと思うことでしょう。大切な基本事項には合法的に滞在しているか、ビザの種類、登録をしているかといった法的な部分です。少しでもクリアしていないと、経営者にも責任を問われることになりかねません。住所や連絡先があることも必須です。

もちろん身分を証明できるドキュメントも欠かせません。外国人の採用の前に必ず面接を行います。面接段階で日本語の能力についても知ることができます。会話だけでなく読むことができるかどうかの確認も大切です。会話においてはヒアリング力がかなりないと、指示を理解することが難しくなります。業務内容や会社の規定を理解してもらうためには、十分なコミュニケーション能力が欠かせません。

すでに同じ国出身の外国人の先輩がいるなら別ですが、そうでないと通訳が必要になります。採用にあたって最も価値があることの一つは、日本での労働経験です。これがあるかないかでは、全く違います。短期間でも経験があるなら、ビジネスマナー的なことを理解している可能性が高いからです。もちろん働きながら学べることはたくさんあります。言葉の壁があるため指導する側にも辛抱が求められることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *