外国人労働者が働く職場でのトラブル

外国人採用でスムーズにいかないこととは

日本国内の地方でも外国人労働者が増え、見かけても特別珍しいことだとは感じられなくもなりました。

ですがすべてがスムーズにいっているかといえばそうでもなく、ルールやマナーを知らないことで守っていなかったりして、それがトラブルにつながったりもあります。特に昔ながらの取引がある会社とのやり取りだと、そうした知らなかった従業員のせいで仕事に支障が出てしまうようなこともあります。なので外国人採用はちゃんとした研修を行えるかどうかもとても大事になってくるものです。

今はアルバイトだけでなく社員の応募もネットから手軽にエントリーできるため、日本人だと思っていた人が実は外国人だったということもあります。実際に採用してから生活習慣の違いや価値観の違いに気が付いても遅いので、外国人採用は身近になったとしても、ちゃんと仕事にあった研修というのは必要です。特に日雇いのような形だと、身分証明できるものが何もない労働者なども増えてくるので注意が必要です。

こうした時、真面目に仕事をしてもらえるのか、安心して仕事を任せられるのかも気になってくるところなので、採用する担当者はこれまでの経歴を参考にしたり、研修などでしっかり対応してもらえるようにしないといけないでしょう。スムーズに仕事をするためには、ただ単に与えられた仕事内容を覚えてもらうということだけでなくその人のことを理解するということも必要にもなってくるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *