ロダン&フィールズの化粧品に興味が湧いてきませんか?
2020年12月15日

化粧水をつける順番とは

基礎化粧品とはメイクの化粧品のことではなく、スキンケアのための化粧品のことです。洗顔したあとに基礎化粧品を使用する順番ですが、1・化粧水、2・美容液、3・乳液、4・クリームの順番が基本になります。化粧水からクリームまでの基礎化粧品をひとつのメーカーでそろえることもおすすめです。これをライン使いと呼びます。

しかしこだわりのある人などはバラバラでも問題はありません。一番大切なのは自分の肌にあった基礎化粧品を使用することです。最初に化粧水をつける理由ですが、洗顔することによって汚れと一緒に肌の保湿成分も落ちています。よって肌の保湿成分を補う役割をもっているのです。

化粧水が肌の奥まで浸透することによって、あとに続く基礎化粧品が効率よく浸透しやすくなるのです。他のステップ(美容液など)は省略しても構わないのですが、少なくとも洗顔と化粧水はセットで行うことをおすすめします。美容液はしみやたるみなどの防止、肌のトラブルが気になる部分などに有効な成分を補うために使用します。保湿や美白などの目的に別によって使用する種類を変えてもよいでしょう。

乳液は油分を水分をバランスよく配合されているので、保湿をしつつも必要な油分を補う役割をもっています。クリームは乳液よりも油分を多く含んでいるので、これまで肌に塗ってきた有効成分を肌に閉じ込めるために使用します。基礎化粧品の種類によっては順番が前後することもあるのですが、基本的にはこの順番を守ってスキンケアしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です