ロダン&フィールズの化粧品に興味が湧いてきませんか?
2021年2月15日

大人にきびの予防と対策

十代の思春期に、にきびの症状に悩まされたことがある人も少なくないでしょう。思春期にできる原因は、過剰な皮脂によって引き起こされます。若い頃は皮脂の分泌が活発で、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまいます。その結果、治ってもまた再発したりと症状を繰り返すことになるのです。

ですがそのようになかなか治らなかったにきびも、思春期を過ぎれば少しずつ改善していくでしょう。20代になってしまえば、もうこのような肌荒れに悩まされることはないだろうと思う人も多いのではないでしょうか。しかし20代を過ぎてからも、にきびの症状を抱えている人は少なくありません。大人になってからできる大人にきびは、思春期のころにできるものとは異なったタイプのものです。

思春期にできるものは、過剰な皮脂分泌が原因でした。一方大人になってからできる原因は、ホルモンバランスの乱れにあります。社会人になって日々の生活が不規則になりがちだと思います。これにより睡眠不足やストレス、食生活の乱れなどが要因となってホルモンのバランスが崩れてしまうのです。

このような不規則な状態を続けてしまうと、繰り返し大人にきびができてしまいます。何度も繰り返さないようにするために、予防方法を実践していくことが必要になります。一番の予防は生活習慣を見直しながら、生活のリズムを整えてストレスを溜めないように心がけることです。そのほかの予防と対策として、ビタミンC誘導体の化粧水を使用することも効果が高いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です