過払いの和解案と交渉 - 過払いの返還請求にはメリットしかない

過払いの和解案と交渉

過払いの請求をすると、貸金業者は和解案を提示してくることが多いです。


実際に発生している過払い金の金額の全額を返還してもらうことはできるはずなのですが、和解を求めてくることが多いです。たとえば、発生している金額の6割で和解をするというような和解案を提示してくることがあります。

どうしても時間のないときならそれに応じるのは良い方法だと言えるでしょう。

プロミスの過払いの知識が一目瞭然です。

しかし、このような場合に必ずしも応じる必要性はありません。



満額を返還してほしいと言い続ければ良いのです。



貸し金業者側も条件を緩めて再度和解を求めてくることがあります。
6割の次は8割、そして9割といった形で徐々に妥協して和解しようとします。

どの段階で応じるのかはそれぞれの判断によりますが、端数を除いた金額で、ほぼ全額で和解するというのが基本でしょう。

最悪の場合には訴訟をすれば全額を取り戻すこともできますから、適当なところで和解に応じる必要はありません。


ただ、貸し金業者側としても、できれば支払いたくないと考えるのは自然なことですから、そこそこで妥協するのも良い方法です。
以前に、過払いの返還が大きくなりすぎて倒産した貸金業者もあります。

倒産するとそれ以上請求しても返還できなくなる可能性が高いです。法的な整理に入ると、受け取ることのできる金額は小さくなってしまうこともありますから、経営が危ぶまれるような貸金業者なら、早めに和解しておくのも良い方法です。