過払いの返還請求にはメリットしかない

基本的に、消費者から行う過払い金の返還請求にはメリットしかありません。

なぜ過払いの返還請求にはメリットしかないのかというと、過払いの返還請求に関しては行政がその手段を積極的に行うことを認めているからです。

返還請求をする時には、債務整理という法的手段を利用しなくてはいけませんが本来ならば債務整理を使うと一つだけある問題が生じることになります。
その問題と言うのは、債務整理によって信用情報に傷がついてしまうことなのです。本来、債務整理というのは債務者の持っている債務を整理することを意味するため借金の減額の手助けをすることを意味します。
借金の減額をするわけですから、当然消費者がそれ以上お金を消費者金融から借りることは許されません。

プロミスの過払いに関する情報が満載のサイトです。

そのため、借金を整理した事実が信用情報という借金の情報に記載されることになるのです。

ところが、過払い金の返還請求の場合には消費者に対して何らかの非があるわけではありません。



そもそも、この問題は消費者金融が設定する金利の大きな瑕疵があることによって生じる問題であるため、消費者から何らかの問題を起こしたわけではないのです。実際、この問題は貸金業法の改正によって消費者金融側に問題があるということで解決しているので、債務整理を使ったとしても信用情報に傷がつくことはありません。



これは、行政のほうから信用情報に記載しないことを宣言しています。


このように、過払い金の返還請求は非常に安全に進められます。