• 知っておきたいお中元マナー

    お世話になった人へのギフトのお中元は、相手の好みに合った品物を選ぶことが大切です。

    例えばコーヒーが飲めない人にコーヒーを贈る、といったことは避ける方がよいでしょう。
    またお酒が飲めない人にアルコール飲料を贈るのも良くありません。
    ギフト商品を選ぶ際には、贈る相手の好みを予め調べておいてから選ぶようにすることをお勧めします。

    お中元は人気のテーマです。

    またお中元を選ぶときには、贈る方の家族構成もリサーチしておくと喜ばれる品物を選ぶのに役立つ可能性があります。


    独身か夫婦2人か、それとも子どもがいる家庭かによって選ぶべき品物は変わってくることがあるからです。
    子どもがいる場合には、家族で楽しめるような品物を選ぶと喜ばれる可能性があります。
    そのようなお中元は、毎年7月から8月ごろまでの間でやり取りされています。東日本と西日本ではしきたりが異なっていて、東日本の場合には例年7月の初旬から7月15日までの間に贈るのがマナーです。



    しかし西日本では東日本よりも遅い時期である場合が多く、7月の中旬から8月の15日までに贈るのが一般的です。



    このようなことを考えて、お中元を贈る時には届ける相手の地域も意識しておくとよいでしょう。お中元は一般的に3千円から5千円程度の品物を選ぶ場合が多いです。
    とはいえ特にお世話になった方に贈るという場合には、1万円ほどのものが選ばれることもあります。

    そうは言っても基本的には相場に合った程度の品物にすると、相手の負担にならないためおすすめです。