司法書士に過払いの依頼をする

過払いが発生していることが分かった場合に、弁護士に依頼するべきか司法書士に依頼するべきかを悩むこともあると思います。


原則として、140万円を超えていた場合には弁護士にしか扱うことはできません。

かなり昔から借り入れをしていたのであれば、140万円くらいは取り戻せる可能性は高くなります。
ですから、最初から弁護士を利用するのは良い選択肢だと言えるでしょう。

プロミスの過払いのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

しかし、弁護士の方が報酬は高い傾向がありますから注意が必要です。


司法書士では何もできないのかというと、一応のところは司法書士にすべてを任せるというわけにはいきません。しかし、サポートはしてくれます。
過払いが発生していた場合に、司法書士がすべて行うことができない場合であっても、サポートだけを依頼するという方法もあります。
訴訟自体を自分で行うことはできます。


これが本人訴訟です。


本人訴訟を行えば、140万円を超えていようがなんであろうと、関係ありません。



それに対して司法書士がサポートすることも基本的には問題はないのです。

ただ、本人訴訟になると本人の負担は増えます。



手続きに関してはサポートをしてくれるとは言っても、原則としては本人が行わなければなりません。
訴訟には時間がかかります。

この時間に応じて、過払い金に利子が発生するという点に注意が必要です。長くなれば損をするようなイメージを持ってしまいがちですが、銀行に預けているように利子を受け取ることができますから、我慢するメリットは大きいです。