• お世話になった方にお中元を贈る時期はいつがいいの?

    お中元は、お世話になっている親戚や知人に日頃の感謝を込めて贈り物をして夏の挨拶をすることです。実は、地域によってお中元を贈る最適な時期がバラバラなのを知っていますか?7月上旬〜8月15日までの間のうち、地域ごとに1週間から一ヶ月程度の差があります。

    知って大満足のお中元が広く知れ渡ってきました。

    北海道・関西・中国・四国地方では、旧盆の時期に当たる7月15日〜8月15日までが目安です。



    1ヶ月比較的機関に余裕もって贈ることができます。
    東北・関東地方は、7月の上旬〜7月15日までと他の地域よりも早い時期に贈りますが、東京や神奈川県を中心にどんどん早まって来ている傾向があり、6月20日頃から贈り始める方も増えてきているようです。

    北陸地方の場合、7月初旬〜7月15日にお中元を贈る地区と7月15日〜8月15日の時期に贈る地区にわかれているため、北陸の方にはじめてお中元を贈る場合には特に注意が必要です。


    九州地方は、8月1日〜15日までが最適です。

    関東や東北とは約1ヶ月異なるので、うっかり他の地方の方と一緒の時期に届くように手配してしまわないように注意しましょう。沖縄は、旧暦の7月15日までが主流です。



    旧暦の暦はその年によって違うので、旧暦を確認してからその日までに届くように手配しましょう。


    自分が住んでいる地域と贈り物をしたい地域のお中元の時期が異なる場合もあります。

    送り先の地域の週間に合わせて贈るのがマナーなので、できるだけ失礼がないように贈り物をしたいものです。